読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書は人間の夢を見るか

平々凡々な社会人の読書と考えたこと。本文・写真についてはCC-BY-SA。当然ながら引用部分等の著作権は原文著者に属します。

Uberの急騰料金(サージプライシング)は、ドライバーの急増を導かない

Uberの急騰料金(サージ・プライシング)というのが話題なようです。
混雑時に特定の区間で利用料金を上昇させるという仕組みですね。
他の交通機関でも、道路渋滞に対するコンジェスションチャージが各国で導入されてますし、
時折、満員電車対策として、ピークタイムの料金を上げろ、なんて話が出てきますね。
Uberは、これによってドライバーの数が確保できるというわけ*1ですが、
果たしていかに、という記事がProPublicaさんに掲載されておりました。

他の交通機関と違って、料金決定者を間に挟んで、両側に変動する売り手と買い手がいるわけで、その点少しむずかしいところがあるのかもしれませんね。

以下、和訳と本文です。

 

Uberのサージプライシングは、ドライバーの急増につながらない
by Lauren Kirchner and Surya Mattu ProPublica, Oct. 29, 2015, 12:01 a.m.

 

Uberは、長い間、ピークタイムにおけるより高額な「急騰」料金について、論争と動揺を喚起してきた。この企業は、より高い料金を設定することは、実際により多くのドライバーを路上へと向かわせる効果を持ち、乗客を助けるものであると言ってきた。しかし、ノースイースタン大学のコンピュータ科学者は、より高い料金を設定することは、より多くのドライバーという結果には必ずしもつながらないことを示した。

研究者であるLe Chen、Alan Mislove と Christo Wilsonは、43の新しいUberアカウントを作成し、4週間にわたって、サンフランシスコとマンハッタンの固定された場所で、仮想上の庸車を行った。そして、実際には、多くのドライバーが配車を要求する人が少ないであろうと予想して、急騰料金の適用される区間(急騰区間)を放置していることが示された。

「料金急騰の間に起こっていること、それは需要を殺すことだ」WilsonはProPublicaに語る。「だから、ドライバーは、急騰区間からいなくなってしまう」

今週コンタクトをとったとき、Uberは、急騰料金は、自身の分析によれば、実際問題、多くのドライバーを急騰区間に引きつけていることが示されていると語った。「この(ノースイースタンの研究者による)レポート、これは極めて限定的な公共的なデータに基づくものですが、ここにおける調査結果とは対照的に、私たちは、この事業を世界中の都市で、実際問題として毎日毎日見ているんです」UberのスポークスウーマンであるMolly SpaethはE-mailにこうつづった。

リサーチャーはまた、急騰料金をどうやったら回避できるかに関するいくつかのヒントを明らかにした。場所を変えることは、たとえ数百フィートでも、料金に影響を与えうることを示した。そしてまた、5分程度待つことによってさえ、しばしば通常の料金水準に戻るということも発見した。

「大半の急騰料金は短命で、これは、抜け目のないUberの乗客は、高額な料金を支払うよりむしろ、急騰料金が「やむまで待つ」べきだ、ということを示唆している」著者たちは、金曜日に東京の会議で発表する新しい研究でそう述べている。

ノースイースタンの科学者は、Uberの価格スキームが、都市を急騰区間に分割し、それぞれ独立に価格を計算していることを示した。境界は消費者には知らされない。「二人のユーザーが、何メートルか離れて立っていて、知らずに劇的に異なる何倍もの急騰料金を支払わなければならないかもしれないのです」科学者は言う。「例えば、タイムズスクエアにおいては、(全体の)20%の時間帯において、消費者は、(1ブロックか2ブロック先の)隣接する急騰区間に行くことで50%以上の料金を節約することができます。」

リサーチャーは、その境界を論文にスケッチし、ProPublicaは地図*2にこれを発展させた。マンハッタンにおけるUberのユーザーは、サンフランシスコのユーザーと比較して、より容易に、現在の急騰区間から急騰していない区間に移動することができる。マンハッタンの区域分けはより小さく、それゆえ、歩いての移動がより容易である。サンフランシスコの料金区間は、また、一緒に急騰する傾向にある。

ノースイースタンの研究者は、また、サンフランシスコとマンハッタンの市場における顕著な違いについても示している。昨年のUberのBlog投稿では、急騰料金は、「乗車の10%未満、つまりは、全てのUberの乗車のうち、ごく少数に対して影響するものだ」としているが、研究者は、マンハッタンにおけるUberの料金は、その14%の乗車において、また、サンフランシスコでは57%において、急騰料金が適用されていると記している。Uberは、この知見について尋ねられた際、その結果は代表性のあるものではないように思われるが、しかし、可能性の範囲外にあるものではないと述べた。

他の「シェアリングエコノミー」におけるオンラインの市場と同様に、Uberは、効率性と公開性(オープンさ)を約束する。例えば、Craigslist、Airbnb、それからeBayを使うときには、売り手と買い手はどの製品が利用可能で、そしていくらなのかということについて同じ情報を持つ、つまりは、両方のサイドが価格比較を行うための多くの情報を持っている。研究者の説明によるのであれば、Uberはこれらの例外ということになる、なぜならば、Uberモデルにおいては、交換のどちらのサイドにあっても、全ての情報を持っていないからだ。

「Uberでは、ドライバーは何が起こっているのか知りません、そして、消費者の側も何が起きているのか知らないんです」Wilsonは言う。「価格がいくらかを決定するアルゴリズムは水面下にあり、となれば、必然的にあなたは何が起きているかわからない、ということになるでしょう。」

 

--

Uber's Surge Pricing May Not Lead to a Surge in Drivers

by Lauren Kirchner and Surya Mattu ProPublica, Oct. 28, 2015, 11:01 p.m.

Uber has long stirred controversy and consternation over the higher "surge" prices it charges at peak times. The company has always said the higher prices actually help passengers by encouraging more drivers to get on the road. But computer scientists from Northeastern University have found that higher prices don't necessarily result in more drivers.

Researchers Le Chen, Alan Mislove and Christo Wilson created 43 new Uber accounts and virtually hailed cars over four weeks from fixed points throughout San Francisco and Manhattan. They found that many drivers actually leave surge areas in anticipation of fewer people ordering rides.

"What happens during a surge is, it just kills demand," Wilson told ProPublica. "So the drivers actually drive away from the surge."

When contacted this week, Uber said that their own analysis has shown that surge pricing does, in fact, attract more drivers to surge areas. "Contrary to the findings in this report — which is based on extremely limited, public data — we've seen this work in practice day in day out, in cities all around the world," Uber spokeswoman Molly Spaeth wrote in an email.

The researchers also uncovered a few tips about how to avoid surge prices. They found that changing your location, even by a few hundred feet, can influence the price you get. They also discovered that you can often get back to normal fare levels by waiting as few as five minutes.

"The vast majority of surges are short-lived, which suggests that savvy Uber passengers should ‘wait-out' surges rather than pay higher prices," the authors wrote in a new study they are presenting at a conference in Tokyo on Friday.

The Northeastern scientists found that Uber's price scheme divides cities into "surge areas" and calculates prices for each one independently. The boundaries are not known to consumers. "[T]wo users standing a few meters apart may unknowingly receive dramatically different surge multipliers," the scientists wrote. "For example, 20 percent of the time in Times Square, customers can save 50 percent or more by being in an adjacent surge area" a block or two away.

The researchers sketched out those boundaries in their paper, and ProPublica has developed them into maps. Uber users in Manhattan can more easily cross from current surging to non-surging zones than users in San Francisco. The areas in Manhattan are smaller, and therefore more walkable; San Francisco's price areas also tend to surge together.

The Northeastern researchers also found significant differences between the San Francisco and Manhattan markets. While an Uber blog post last year stated that surge pricing "affects a tiny minority of all Uber rides, less than 10 percent of trips," the researchers documented that the price of Uber in Manhattan surged about 14 percent of the time, and 57 percent of the time in San Francisco. When asked about these findings, Uber said that they sounded unrepresentative, but not outside of the realm of possibility.

Like other online marketplaces in the "sharing economy," Uber promises efficiency and openness. When using Craigslist, AirBnb, or eBay, for instance, buyers and sellers have the same information about what products are available, and for how much — both sides have a lot of information with which to make price comparisons. Uber is an outlier, these researchers explained, because under the Uber model, neither side of the transaction has all of the information.

"With Uber, the drivers don't know what's going on, and the customers don't know what's going on," said Wilson. "There's an algorithm behind the scenes that determines what the prices are, and you essentially have no idea what's happening."

ProPublica is a Pulitzer Prize-winning investigative newsroom. Sign up for their newsletter.

 

 

*1:「Uber、料金急騰システムを正当化する調査結果を発表」 Techcrunch, 2015.9.18 http://jp.techcrunch.com/2015/09/18/20150917ubers-latest-justification-for-surge-pricing/

*2:原文サイト上に掲載