読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書は人間の夢を見るか

平々凡々な社会人の読書と考えたこと。本文・写真についてはCC-BY-SA。当然ながら引用部分等の著作権は原文著者に属します。

拒絶

どうも、ご無沙汰しておりました。
その間にだいぶ暑くなってきましたね。
本自体は多少なりとも読んでいるのですがレビューするのはなかなか難しいです。


最近読んだのは例えばこれです。

(この中に含まれている書写人バートルビー
英語版ならここで読めますし
http://www.gutenberg.org/files/11231/11231.txt
検索すれば柴田元幸訳の日本語版が出てくるはずです。


この小説について論じられるのは
I would prefer not to.
という台詞についてです。(読むきっかけとなった辺見庸さんの講演でも触れられました。)


主人公バートルビーは何かを頼まれると必ずこういって拒絶する訳です。
やらないほうがいいのですが・・・。
結果、彼は飢えて死んでしまいます。(あ、ねたばれだ)
社会の中での役割の拒絶、そしてそれは期待される「生への執着」すら拒絶しました。
と、僕には見えるのです。
なんとなく自分にかぶって見える気もします。
でもぼくはこらえ性がないので、きっと自餓死はできないでしょう。


死に文をおって死んでった彼に。


難しい小説でした。とにもかくにも不思議で。